デマンド=プル・インフレーション(英語表記)demand-pull inflation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

需要インフレーションともいう。総需要が総供給を上回ることを起点として価格が騰貴する現象。貨幣タームでの有効需要増大と実物的な供給の増大との間には,タイム・ラグがあるのが一般的であり,この貨幣タームでの有効需要と実物的な供給との間のタイム・ラグによって生じる。有効需要と供給とのギャップは生産物価格の上昇によって埋合せられなければならないことになり,価格の累積的な上昇が生じる。このような有効需要の増加を起点として引起されたインフレーションは,やがて投資の生産力化による産出量の増大,あるいは貨幣的要因としての銀行の信用造出の限界に阻止されるかして終息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android