コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュブスケ Du Bousquet,Albert Charles

朝日日本歴史人物事典の解説

デュブスケ

没年:明治15.6.18(1882)
生年:1837.3.25
明治初期の政府お雇い外国人。「ジブスケ」と呼ばれ,「治部助」「治部輔」などと書かれた。フランス人の両親の間にベルギーで生まれる。兵学校卒業後軍人となり,慶応3(1867)年,幕府招聘軍事教官団の一員として来日。日本語を習得し,維新による教官団解散後,通訳としてフランス公使館に勤め,明治3(1870)年兵部省兵式顧問,4年翻訳官として元老院の前身である左院に雇用された。以後元老院の国憲按起草の資料などを含め,100以上の法律,軍事などのフランス資料を翻訳したほか,条約改正交渉に関して助言,建議した。9年日本女性田中はよと結婚,3子を儲けた。10年満期解約後も日本にとどまってフランス領事を勤め,東京で死亡。

(長尾龍一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デュブスケの関連キーワード没年

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android