コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュブスケ Du Bousquet,Albert Charles

1件 の用語解説(デュブスケの意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

デュブスケ

没年:明治15.6.18(1882)
生年:1837.3.25
明治初期の政府お雇い外国人。「ジブスケ」と呼ばれ,「治部助」「治部輔」などと書かれた。フランス人の両親の間にベルギー生まれる。兵学校卒業後軍人となり,慶応3(1867)年,幕府招聘軍事教官団の一員として来日。日本語を習得し,維新による教官団解散後,通訳としてフランス公使館に勤め,明治3(1870)年兵部省兵式顧問,4年翻訳官として元老院の前身である左院に雇用された。以後元老院の国憲按起草の資料などを含め,100以上の法律,軍事などのフランス資料を翻訳したほか,条約改正交渉に関して助言,建議した。9年日本女性田中はよと結婚,3子を儲けた。10年満期解約後も日本にとどまってフランス領事を勤め,東京で死亡。

(長尾龍一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デュブスケの関連キーワードアビーアンダーソン御雇外国人バイエルブラウンスコワニエシャンドジュウェットフロランペルス=ライケン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone