デュラキウムの戦い(読み)デュラキウムのたたかい(英語表記)Dyrrhachium Campaign

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「デュラキウムの戦い」の解説

デュラキウムの戦い
デュラキウムのたたかい
Dyrrhachium Campaign

古代ローマの内乱期における戦闘の一つ。前 49年ポンペイウス (大ポンペイウス) がユリウス・カエサルを破った戦い。デュラキウム (現アルバニアのドゥルラス) はかつてエピダムノスといいアドリア海南東岸の都市で,ポンペイウスの根拠地となっていた。カエサル軍は急襲されて敗れたが,ポンペイウスにとってはこれが最後の勝利となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android