コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デュルンシュタイン Dürnstein

デジタル大辞泉の解説

デュルンシュタイン(Dürnstein)

オーストリア北東部、ニーダーエスターライヒ州ドナウ川沿いの都市。バッハウ渓谷東部に位置する。英国のリチャード1世が、十字軍遠征の帰途に捕らえられ幽閉されたケーンリンガー城跡があることで知られる。バロック様式の修道院や教会をはじめ歴史的建造物が多く残り、これらの景観は2000年に「バッハウ渓谷の文化的景観」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のデュルンシュタインの言及

【ニーダーエスターライヒ】より

…近くの左岸にある小村ウィレンドルフWillendorfは,有名な〈ウィレンドルフのビーナス〉とよばれる旧石器時代の裸女像が発掘されたところである。シュピッツはゴシックの美しい教会があり,その下流には〈ワッハウの真珠〉といわれるデュルンシュタインDürnsteinの古城が見える。有名な獅子心王リチャード1世は十字軍の遠征行でこの城に捕らえられていたといわれる。…

※「デュルンシュタイン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デュルンシュタインの関連キーワードヴァッハウ渓谷の文化的景観

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android