デューラーの家(読み)デューラーのいえ

世界の観光地名がわかる事典の解説

デューラーのいえ【デューラーの家】

ドイツ南部、バイエルン州の古都ニュルンベルク(Nürnberg)の旧市街、ティアゲルトナー門広場に面した一角にある、デューラー(Albrecht Dürer、1471~1528年)が半生を過ごした家。デューラーは「ドイツ絵画の父」と呼ばれるドイツルネサンス期の画家。ハンガリーから移住してきた金銀細工師の息子としてニュルンベルクに生まれたデューラーは、修行と遍歴の後、ニュルンベルクに戻り画家としての活動を開始した。この家は、彼が次々と代表作を生み出した全盛期の1509年に購入し、死去するまで住んだ住居である。この家が改装されて記念館・博物館となっている。1階はエントランスとデューラーハウスの歴史が展示され、2階にはデューラーのアトリエや台所などが再現され、彼の作品や歴史を学べる展示やデジタルギャラリーがある。ただし、ここにはオリジナルの彼の作品はない。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android