コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遍歴 ヘンレキ

デジタル大辞泉の解説

へん‐れき【遍歴】

[名](スル)
広く各地を巡り歩くこと。「諸国を遍歴する」
いろいろな経験を重ねること。「アルバイト遍歴」「男性遍歴

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

へんれき【遍歴】

( 名 ) スル
いろいろな地方を巡り歩くこと。 「諸国を-する」
さまざまな経験をすること。 「豊富な女性-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の遍歴の言及

【職人】より

…マギステルを長とする石工の組織が修道院の組織を模倣したものといわれるのも,その関係によるとみられる。これらの石工たちは中世都市が成立すると定住するようになるが,それまでは仕事場を求めて各地を遍歴していた。 他方でザンクト・ガレンやエッセンなどの修道院には学校がおかれ,そこでも石工や木彫,絵画,金細工,製本,鐘の鋳造,織物などの技術が授けられていた。…

【中世社会】より


【職人】
 このような平民に対し,みずからの身につけた職能を通じて,天皇家,摂関家,仏神と結びつき,供御人(くごにん),殿下細工寄人(よりうど),神人(じにん)などの称号を与えられて奉仕するかわりに,平民の負担する年貢・公事課役を免除されたほか,交通上の特権などを保証され,その一部は荘園・公領に給免田畠を与えられることもあった職能民を,ここでは職人と規定しておく。
[遍歴する非農業民]
 中世社会には農業以外の生業に主として携わる非農業民(原始・古代以来の海民,山民,芸能民,呪術的宗教者,それに商工民など)が少なからず生活していた。これらの人々のなかには平民として非水田的な年貢を貢納する人々もあったが,その一部を品部(しなべ)・雑戸(ざつこ)として組織していた律令制の解体とともに,それぞれの職能に即して自立した集団をなし,もっぱらみずからの職能に依存しつつ,交易などによって生活する非農業民集団も少なくなかったのである。…

【徒弟制度】より

…徒弟期間を修了すると職人となり,他の親方の下で働き賃金を得た。その際,大陸では各地を遍歴して技術の向上につとめる慣行があったが,イギリスでは遍歴は必ずしも一般的でなかった。職人が親方の資格を得るためには,親方作品masterpieceを作り,ギルド組合員の審査を受けなければならなかった。…

【漂泊民】より

…さすらい人。漂泊・遍歴と定住・定着とは,人間の二つの基本的な生活形態である。それゆえ,漂泊民といい,定住民といっても,それは絶対的なものではなく,漂泊についていえば,居所の定まらぬ漂泊,本拠地を持つ遍歴,本拠地を変更するさいの移動,さらに一時的な旅など,さまざまな形態がありうる。…

※「遍歴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

遍歴の関連キーワードフランツシュテルンバルトの遍歴ティルオイレンシュピーゲルウィルヘルムマイスターティシュバイン[一族]エピキュリアンマリウスニールス・リューネドン・ジョヴァンニイタリアのハロルドオリバーツイスト道楽者のなりゆき放蕩児のなりゆきヘイデンスタムわが精神の遍歴インメモリアムドン・ファン風流志道軒伝ポロンスキー現代人の遍歴偐紫田舎源氏亀井勝一郎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

遍歴の関連情報