コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリバティブ取引 でりばてぃぶとりひきFinancial Derivatives Transactions

知恵蔵miniの解説

デリバティブ取引

株式、債券、金利、為替など原資産となる金融商品から派生した金融派生商品(デリバティブ)を対象とした取引。主なものに、先物取引(将来売買する商品の売買条件をあらかじめ決めておく取引)、オプション取引(将来商品を売買する権利をあらかじめ購入する取引)、スワップ取引(金利や通貨などをあらかじめ約束した条件で交換する取引)がある。原資産の取引より少ない投資金額で大きな取引ができること、投資商品の価格が値下がりした場合にも収益が得られることが主な特徴で、リスク回避や効率的な資産運用の手段として活用されている。

(2013-3-6)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デリバティブ取引

株式や株価指数日経平均株価など)そのものではなく、それらを将来売り買いする「契約」や「権利」などが商品になる。決まった価格で売買する契約の「先物」や、売買できる権利の「オプション」が代表例。一つの取引が成立すれば、「1単位」と数える。 もともとは相場の乱高下で損失がふくらむのを避けるために考えられた仕組みだが、いまではデリバティブそのものでもうけようとする投資家が多い。取引所にとっては、企業の株式と違って上場審査などの経費がかからず、自ら商品も生み出せるため、利益を稼ぎやすい。

(2015-03-24 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

会計用語キーワード辞典の解説

デリバティブ取引

デリバティブ取引とは、伝統的な金融商品の株式や債券から様々なノウハウや金融工学によって派生した商品のことを、デリバティブ取引といいます。デリバティブ取引は、時価評価が原則として行われます。時価評価が適当でない場合は、ヘッジ会計が適用されます。デリバティブ取引には、主にこんなものがあります。・先渡取引 ・先物取引 ・オプション取引 ・スワップ取引

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

デリバティブ取引の関連キーワードミラー(Merton Howard Miller)リーマン・ブラザーズ・ホールディングズ[会社]ICEフューチャーズU.S.インターコンチネンタル取引所バリュー・アット・リスクウェザー・デリバティブNYSEユーロネクスト第一種金融商品取引業オルターナティブ投資バリューアットリスク第二種金融商品取引業日本取引所グループ株式会社エドウインアウトライアー規制資産負債総合管理金融商品取引業ヘッジファンド金融商品仲介業金融商品取引法金融商品会計

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デリバティブ取引の関連情報