コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デリバティブ取引 でりばてぃぶとりひき Financial Derivatives Transactions

4件 の用語解説(デリバティブ取引の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

デリバティブ取引

株式、債券、金利、為替など原資産となる金融商品から派生した金融派生商品(デリバティブ)を対象とした取引。主なものに、先物取引(将来売買する商品の売買条件をあらかじめ決めておく取引)、オプション取引(将来商品を売買する権利をあらかじめ購入する取引)、スワップ取引(金利や通貨などをあらかじめ約束した条件で交換する取引)がある。原資産の取引より少ない投資金額で大きな取引ができること、投資商品の価格が値下がりした場合にも収益が得られることが主な特徴で、リスク回避や効率的な資産運用の手段として活用されている。

(2013-3-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

デリバティブ取引

株式や株価指数日経平均株価など)そのものではなく、それらを将来売り買いする「契約」や「権利」などが商品になる。決まった価格で売買する契約の「先物」や、売買できる権利の「オプション」が代表例。一つの取引が成立すれば、「1単位」と数える。 もともとは相場の乱高下で損失がふくらむのを避けるために考えられた仕組みだが、いまではデリバティブそのものでもうけようとする投資家が多い。取引所にとっては、企業の株式と違って上場審査などの経費がかからず、自ら商品も生み出せるため、利益を稼ぎやすい。

(2015-03-24 朝日新聞 朝刊 1経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

デリバティブ‐とりひき【デリバティブ取引】

先物取引先渡し取引、オプション取引スワップ取引などの金融派生商品の取引。派生商品取引。→デリバティブ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

会計用語キーワード辞典の解説

デリバティブ取引

デリバティブ取引とは、伝統的な金融商品の株式や債券から様々なノウハウ金融工学によって派生した商品のことを、デリバティブ取引といいます。デリバティブ取引は、時価評価が原則として行われます。時価評価が適当でない場合は、ヘッジ会計が適用されます。デリバティブ取引には、主にこんなものがあります。・先渡取引 ・先物取引 ・オプション取引 ・スワップ取引

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デリバティブ取引の関連キーワードスワップ買為替変動金利資産構成リスク資産マーケット・リスク(Market risk)市場リスク(Market risk)派生商品原資産価格自社株式オプション

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デリバティブ取引の関連情報