コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デントコーン dent corn

大辞林 第三版の解説

デントコーン【dent corn】

動物の飼料とする大形のトウモロコシ。ウマノハトウモロコシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

栄養・生化学辞典の解説

デントコーン

 トウモロコシの一種.飼料,コーンスターチの原料などになる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

デントコーン【dent corn】

トウモロコシのなかで馬歯種とも呼ばれる品種群。粒(穎果(えいか))の側面は角質化し,頂部は軟質デンプン組織であるため,完熟すると頂部がくぼみ,臼歯形となる。草丈は2~4m。子実を主として破砕して配合飼料の主原料とするほか,草丈が高いので,茎葉を青刈り飼料とし,また黄熟期の穂のついた時期の茎葉をサイレージにする。子実からはデンプン(コーンスターチ)や油(コーンオイル)を採る。トウモロコシ【星川 清親

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のデントコーンの言及

【トウモロコシ(玉蜀黍)】より


[品種]
 トウモロコシは,その粒の形状や胚乳の質に基づいて以下の8変種の品種群に区分される。馬歯種var.indentata Sturt.(イラスト)はデントコーンdent cornとも呼ばれ,果粒の側面が硬質,中央先端部が軟質で,成熟すると頂部がくぼむ。草丈は4mほどになり,子実収量が高い。…

【トウモロコシ(玉蜀黍)】より


[品種]
 トウモロコシは,その粒の形状や胚乳の質に基づいて以下の8変種の品種群に区分される。馬歯種var.indentata Sturt.(イラスト)はデントコーンdent cornとも呼ばれ,果粒の側面が硬質,中央先端部が軟質で,成熟すると頂部がくぼむ。草丈は4mほどになり,子実収量が高い。…

※「デントコーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デントコーンの関連キーワードコーングリット飼料作物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デントコーンの関連情報