コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穎果 えいかgrain; caryopsis

3件 の用語解説(穎果の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穎果
えいか
grain; caryopsis

穀果ともいう。痩果の一種で,果皮が成熟後乾燥して種子をおおう種皮 (珠皮) とぴったり密着してしまうもの。イネ科の植物の種子に特徴的なもので,米でいえば精白したときに糠 (ぬか) として取除かれる部分が果皮である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

穎果
えいか

多くのイネ科の果実の形。穀果ともいう。果皮が成熟したのちに乾燥し、それが種皮と密着して離れず、穎とともに落ちる。穎は小花穂を包む2枚からなっていて、他の植物の包葉に相当する。[吉田 治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone