穎果(読み)えいか

日本大百科全書(ニッポニカ)「穎果」の解説

穎果
えいか

多くのイネ科果実の形。穀果ともいう。果皮が成熟したのちに乾燥し、それが種皮と密着して離れず、とともに落ちる。穎は小花穂を包む2枚からなっていて、他の植物の包葉に相当する。

[吉田 治]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「穎果」の解説

穎果
えいか
grain; caryopsis

痩果一種果皮が成熟後に乾燥して種子を覆う種皮(珠皮)とぴったり密着したもの。穀果ともいう。イネ科の植物の種子に特徴的なもので,米でいえば白したときにぬかとして取り除かれる部分が果皮である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「穎果」の解説

えい‐か ‥クヮ【穎果】

〘名〙 イネ科の果実。果実は一種子から成り、果実は種子に密着する。穀果。〔植学訳筌(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android