デ・ヨセリン・デ・ヨング(英語表記)De Josseling de Jong, Jan Petrus Benjamin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1886.3.13. ライデン
[没]1964.11.15.
オランダの人類学者。ライデン大学文学,言語学を学び,アメリカインディアンの言語を調査するなかで人類学への関心を深めた。 1935~56年同大学で人類学,インドネシア研究の教授をつとめ,多くの研究者を養成。オランダ構造主義は彼によって基礎が築かれ,後継者でにあたるパトリック・エドワード・デ・ヨセリン・デ・ヨング (1922.7.8.~ ) によって発展したといえる。主著"De oorsprong van den goddelijken bedrieger" (1929) ,"De Maleische Archipel als Ethnologisch Studieveld" (35) ,"Lévi-Strauss's Theory on Kinship and Marriage" (52) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android