デ・ヨセリン・デ・ヨング(英語表記)De Josseling de Jong, Jan Petrus Benjamin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デ・ヨセリン・デ・ヨング
De Josseling de Jong, Jan Petrus Benjamin

[生]1886.3.13. ライデン
[没]1964.11.15.
オランダの人類学者。ライデン大学で文学,言語学を学び,アメリカインディアンの言語を調査するなかで人類学への関心を深めた。 1935~56年同大学で人類学,インドネシア研究の教授をつとめ,多くの研究者を養成。オランダ構造主義は彼によって基礎が築かれ,後継者で甥にあたるパトリック・エドワード・デ・ヨセリン・デ・ヨング (1922.7.8.~ ) によって発展したといえる。主著"De oorsprong van den goddelijken bedrieger" (1929) ,"De Maleische Archipel als Ethnologisch Studieveld" (35) ,"Lévi-Strauss's Theory on Kinship and Marriage" (52) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android