データヘルス計画

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

データヘルス計画

企業などの健康保険組合が、加入している従業員の健康づくりをデータに基づいて進めるための計画。健康診断の結果や医療費の支払額を示すレセプトなどから、従業員がなりやすい症状や病気を調べ、対策を立てる。医療費を抑えて健康関連産業を育てるため、国が2013年にまとめた「日本再興戦略」に盛り込んだ。

(2015-04-14 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

データヘルス計画
でーたへるすけいかく

レセプト(診療報酬明細書)や特定健康診査(特定健診)などのデータに基づき、被保険者の健康管理や疾病予防、重症化予防などを効率よく行うための保険事業計画。医療関連情報の電子化や標準化が進んだことから、従来は困難であった医療費や健康診断の内容を分析できるようになり、これらのデータを突き合わせて被保険者の健康状態を把握することが可能になった。この利点を生かして効果的な保健指導を実施し、PDCAサイクルによる費用対効果の高い保険事業を実現しようとする計画である。2013年(平成25)6月に閣議決定された日本再興戦略、および健康・医療戦略の主要政策の一つで、厚生労働省はすべての健康保険組合に対し、2014年度中に具体的な計画を作成のうえ、データ分析を開始し、保険加入者の健康増進に努めるよう促している。2015年度から2017年度を第1期、2018年度からは5年周期でPDCAサイクルを実施する。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android