特定健康診査(読み)トクテイケンコウシンサ

デジタル大辞泉「特定健康診査」の解説

とくてい‐けんこうしんさ〔‐ケンカウシンサ〕【特定健康診査】

40〜74歳の人を対象に、生活習慣病予防を目的として行われる健康診査高齢者医療確保法に基づいて、国民健康保険健康保険組合などの医療保険者が行う。平成20年(2008)から実施。健診の結果、メタボリックシンドロームまたはその予備群と判定された人には、医師保健師管理栄養士等による特定保健指導を受けることができる。特定健診メタボ健診。→特定健康診査・特定保健指導
[補説]75歳以上の後期高齢者医療制度加入者には、各都道府県の後期高齢者医療広域連合が同等の健康診査を行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android