コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

データマーカー でーたまーかー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

データマーカー

表計算ソフトなどで、グラフの部分を示す語のひとつで、グラフの中でデータを反映し、変化量を表現した部分。たとえば、棒グラフの中では棒の部分にあたる。この部分をクリックして、その色などの属性を変更できる。この部分にマウスポインターを合わせると、その内容が表示される機能を持つアプリケーションもある。また、同じ系列のデータマーカーをデータ系列という。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

データマーカーの関連キーワードスムージンググラフ要素表計算

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android