コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棒グラフ ぼうぐらふ

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐グラフ【棒グラフ】

統計で、数量の大きさを棒状の線の長さで表したグラフ。線グラフ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼうグラフ【棒グラフ】

棒線の長さにより数量の大小を表したグラフ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の棒グラフの言及

【統計グラフ】より

…統計グラフには,次に示すようにいろいろな種類があり,調査の目的や分類標識(質的分類,量的分類)により,適当に使い分けることがたいせつである。
[絵グラフと棒グラフ]
 質的分類にも,量的分類にも用いられ,各標識についての絶対量の大きさを比較する。絵グラフ(図1)は,その内容を写した絵の面積や同じ絵(アイソタイプ)を並べた個数によって比較するもので,一般の人にも親しみやすく展示用の図表などに多く用いられるが,書くのに手数がかかり,精密さに欠けることもある。…

※「棒グラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

棒グラフの関連キーワード運転注意力モニタ MDASピラミッドグラフソーシャルグラフロングテール現象ガントチャートデータマーカー人口ピラミッドハイザーグラフヒストグラムタイムラインWeb2.0グラフ理論パレート図面積グラフ複合グラフ統計グラフ度数分布雨温図統計棒足

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

棒グラフの関連情報