コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーデルライン桿菌 デーデルラインかんきんDöderlein's bacillus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーデルライン桿菌
デーデルラインかんきん
Döderlein's bacillus

ドイツの産科医 A.デーデルラインが発見した乳酸産生菌の一種。健康な女子の内に常住するグラム陽性桿菌で,酸をつくりだし,有害細菌の発育を抑制して,腟の自浄作用に役立つ。この桿菌と他の雑菌の存在程度から膣清浄度が決められる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デーデルライン桿菌の関連キーワード老化にともなう女性性器の病気と症状腟カンジダ症(カンジダ腟炎)女性性器のしくみとはたらき非特異性腟炎腟炎

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デーデルライン桿菌の関連情報