コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーデルライン桿菌 デーデルラインかんきん Döderlein's bacillus

1件 の用語解説(デーデルライン桿菌の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーデルライン桿菌
デーデルラインかんきん
Döderlein's bacillus

ドイツの産科医 A.デーデルラインが発見した乳酸産生菌の一種。健康な女子の腟内に常住するグラム陽性桿菌で,酸をつくりだし,有害細菌の発育を抑制して,腟の自浄作用に役立つ。この桿菌と他の雑菌の存在程度から膣清浄度が決められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デーデルライン桿菌の関連キーワードオーデル川デッドボールライン産科医統一ドイツネーデルラント室内管弦楽団ラインの黄金ヘルデルラントデーデルライン杆菌ネーデルライン[川]タッチインゴールライン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

デーデルライン桿菌の関連情報