雑菌(読み)ザッキン

世界大百科事典 第2版の解説

種々雑多な細(または微生物)の総称。とくに問題になるのは,ある特定の微生物や細胞を培養しようとしている際に,外部から混入してくる雑菌である。また食品工場などでは,食品の腐敗をもたらす全般的な微生物汚染が問題となる。空気中の微生物の種類は一様でなく,場所,季節,気象条件などによって左右されるが,その総数はおおよそ空気1m3中に1万個くらいである。実験室内で微生物を培養するときなどは,培地や器具にはを加える滅菌操作が必ず施される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いろいろな細菌。純粋培養における目的の菌以外の雑多な菌をいうことが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 純粋培養中に混じる異種の菌。
② 種々雑多な菌。
※四十歳の男(1964)〈遠藤周作〉五「やがて雑菌が傷口につき、膿胸を併発する」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雑菌の関連情報