コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーデルライン Döderlein, Ludwig

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

デーデルライン Döderlein, Ludwig

1855-1936 ドイツの動物学者。
1855年3月3日生まれ。明治12年(1879)政府の要請で来日し,東京大学医学部予科で動物学,植物学をおしえた。14年任期をおえて帰国。シュトラスブルク大教授,ミュンヘン動物学博物館長をつとめた。1936年3月23日死去。81歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

デーデルライン

没年:1936.3.23(1936.3.23)
生年:1855.3.3
明治期に来日したお雇い外国人。ドイツ人動物分類学者。ラインラントの生まれ。明治12(1879)年から14年まで東大医学部予科教授として在日。その間各地で精力的に採集して,相模湾の三崎近辺が海産動物の宝庫であることを発見,また動物地理学上の旧北区と東洋区の境界線が九州・奄美大島間にあることを指摘した。奄美大島の民俗に関する貴重な記録も残している。帰国後はさまざまな動物群を研究して高い評価を受け,シュトラスブルク動物学博物館館長を長く勤めた。<著作>J.クライナー他訳「琉球諸島の奄美大島」(『沖縄文化研究』8号)

(磯野直秀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デーデルラインの関連キーワード老化にともなう女性性器の病気と症状腟カンジダ症(カンジダ腟炎)女性性器のしくみとはたらきデーデルライン桿菌非特異性腟炎腟自浄作用腟杆菌腟炎

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デーデルラインの関連情報