コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物学 どうぶつがくzoology

翻訳|zoology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物学
どうぶつがく
zoology

生物学の一分野で,動物対象として生命現象を研究する学問。 E.ヘッケル生物学細胞学植物学,動物学,人類学に区別して以来独立した分野となった。動物学はさらに種々の分科に分れるが,現在では,対象とする現象により,形態学発生学,分類学生理学,生態学動物地理学遺伝学進化学,応用動物学など,また対象とする種類の動物によって,哺乳類学,鳥学,魚類学,貝類学,昆虫学などのように分けることができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

どうぶつ‐がく【動物学】

動物の分類形態・発生・生理・遺伝・進化などを研究する学問。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

どうぶつがく【動物学 zoology】

動物を研究対象とする自然科学の分野で,植物学と対応するもの。今日では植物学と動物学を合わせて生物学と呼ぶことが多いが,その対象となる植物と動物の違いを反映して,内容は相当に異なる。動・植物学に共通する領域のうち,遺伝学や細胞学では両者の共通性が大きいが,形態学,生理学,分類学,生態学などではその差が大きく,それぞれ頭に動物の2字を冠して呼ぶのが普通である。また動物にのみ固有の領域として,発生学や動物行動学,神経生理学などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

どうぶつがく【動物学】

生物学の一分科で、動物を研究の対象とする学問。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動物学
どうぶつがく
zoology

動物に関する科学。動物は古くから人類とは多くのかかわり合いをもち、強い関心のある対象であった。狩猟や漁獲の対象としての動物や、人間を襲う野獣やサメとか、ハチやカのような有害動物に関していろいろな知識が蓄積されていたことは、古い時代の壁画などからも想像にかたくない。また、家畜や養蜂(ようほう)のように人間が動物を飼育管理したり、ペットとして愛玩(あいがん)することも古い歴史をもっている。しかし、動物学という場合には、動物に関する知的な体系を意味し、植物学や地学とともに博物学の一分科とみることもできる。[江上信雄]

動物学の歴史

博物学の一分科としての動物学は、紀元前4世紀に古代ギリシアのアリストテレスが、多くの動物を分類していろいろな記述をしたのが第一歩であった。中世のいわゆる暗黒時代には、動物の分類や生態についての断片的な記録があったにすぎず、動物について自然科学的に研究するという風潮がなく、動物学のみるべき進歩はなかった。ルネサンス以降、ふたたび自然を観察し自然から学ぶという古い時代の精神に帰る姿勢が生じ、また航海術の進歩とも絡んで、世界各地の動物に接する機会も増えて、動物に関する興味が広がった。さらに動物に対する生物学的関心が、因果律を求める方向へと発展する徴候が現れた。たとえば、イギリスの生理学者W・ハーベーが、人体の血液は血管中を循環すること、その原動力が心臓の拍動にあることを主張したのはその現れである。また、顕微鏡の発明によって微小な動物の存在が明らかになり、細胞構造がわかったことは、動物学に画期的な進展をもたらした。[江上信雄]

動物学の諸分野

動物形態学は、フランスのジョフロア・サンチレール父子、イギリスのT・H・ハクスリー、ドイツのE・H・ヘッケルらによって進められ、いろいろの動物の形態の比較解剖学へと進んだ。また動物発生学が、ドイツのK・E・ベーア、ロシアのA・O・コバレフスキー、ドイツのヘルトウィヒ兄弟らによって隆盛となり、発生と進化との関係が興味の中心となった。
 動物進化論の起源は18世紀にさかのぼる。スウェーデンのC・リンネはその著のなかで、神が創造したと同様の種が存在するとして動物を命名し、これが学名の発祥となっている。そのころから進化について多くの人々が関心をもち始め、1859年に至ってイギリスのC・ダーウィンの『種の起原』によって進化論が勝利を得た。
 発生学の分野ではさらに、単なる正常な発生の観察に飽き足らず、発生中の動物胚(はい)にいろいろな実験的手段を加え、これから発生の仕組みを研究する学問が、ドイツのH・ドリーシュやH・シュペーマンらによって進められ、動物学のなかでももっとも興味ある分野として一時期を風靡(ふうび)した。
 動物学の主流は動物の分類や形態や生態に関するものであったが、しだいに生理学や生化学にも関心が広がり、また、個体を中心とする観点から細胞に主眼が移る傾向が生じてきた。最近における生物学全般の目覚ましい進展に伴い、動物の示すさまざまな現象も、より広い立場から自然科学的に解析する分野の進歩が著しい。たとえば動物の分類にしても、形態にとどまらず、生化学や免疫学的な手法などを取り入れて、その種の細胞を構成するタンパク質の特性(アミノ酸組成)をみるとか、行動を解析するといった手段もとられるようになってきた。そして現在では、生物学の一分野として、分子生物学にも基盤を置いて動物に共通した諸現象の一般原理を明らかにしようという傾向が強くなっている。
 しかしまた、動物の各群に特徴的な点の研究ないし比較研究も動物学の重要な部分であり、便宜的に動物学を脊椎(せきつい)動物学と無脊椎動物学に二大別したり、動物群によって、原生動物学、昆虫学、魚類学に分けたり、さらにはもっと細かい単位での各論も盛んである。
 生物学のいろいろな分野のうち動物を主体として扱う場合には、動物生理学、動物形態学、動物心理学、動物細胞学、動物地理学、動物生態学、動物遺伝学、動物発生学などというようによぶこともあり、それぞれの分野は独特の歴史、発想をもって進歩している。[江上信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動物学の関連キーワードホイットマン(Charles Otis Whitman)エドウィン・ハリス コルバートピエール・ポール グラッセアンジェイ タルコフスキジョン・デイビッド パイアルフレッド キューン日本応用動物昆虫学会A.C. ハーディエドワードSモースD.J. モリスヤマイヌ(山犬)ジョージ テシエA. ハイアットロンドン動物園E. マイヤーデーデルライン阿部 余四男ハーガー丈士レオミュール動物系統学

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物学の関連情報