コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デーバパーラ Devapāla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デーバパーラ
Devapāla

インド古代,パーラ朝第3代の王 (在位 810頃~850頃) 。北インド東部のパーラ朝の勢力を確立したダルマパーラ王の子。父に劣らず勇敢で,カナウジを中心とする中央インドの支配権をめぐって,プラティーハーラ朝ラーシュトラクータ朝三つ巴の争いを繰返し,勢力を維持した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のデーバパーラの言及

【パーラ朝】より

…このときから西のプラティーハーラ朝,デカンのラーシュトラクータ朝と抗争してインドの覇権を争った。次のデーバパーラDevapāla(在位810ころ‐850ころ)まで王朝の繁栄は続いたが,その後プラティーハーラ朝などに押されて衰退し,領域内に新勢力が台頭した。11世紀初めにマーヒーパーラが一時再興したが,11世紀末にベンガルに建国したセーナ朝が強大となると,12世紀中ごろまでにビハールの小地域を支配していた王朝の後裔も滅びた。…

※「デーバパーラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android