コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三つ巴 ミツドモエ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐どもえ〔‐どもヱ〕【三つ×巴】

三つのものが互いに対立して入り乱れること。「三つ巴になって争う」
三人が向かい合って座ること。三つ鼎(がなえ)。
紋所・文様の名。を三つ組み合わせて円形にしたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みつどもえ【三つ巴】

巴紋の一。三つの巴を同じ方向に並べて円形にしたもの。 →
勢力がほぼ同等の三者が入り乱れて争うこと。 「 -の乱戦」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の三つ巴の言及

【巴文】より

…鎌倉時代以後は武家の間でこの紋を用いるものが多く,江戸時代に入っては300以上に及んだという。紋の種類としても数の多いほうで,いわゆる〈二つ巴〉〈三つ巴〉というような原形的なものから,これが種々に組み合わされた〈組み巴〉〈違い巴〉などがあり,70種以上に及ぶ。【山辺 知行】。…

※「三つ巴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三つ巴の関連キーワードボスニア・ヘルツェゴビナ紛争国連安保理常任理事国入り問題ボスニア・ヘルツェゴビナゴジラVSスペースゴジラハイデラバード王国デートン和平合意ゴジラVSモスラマイソール戦争デーバパーラ巴(模様)ラオス大太鼓三つ鼎Xen眉間尺桶物語乱戦三竦固技

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三つ巴の関連情報