コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ニッティス Giuseppe de Nittis

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ニッティス【Giuseppe de Nittis】

1846‐84
フランスで活躍したイタリア人画家。南イタリアのアドリア海岸の町バルレッタBarlettaに生まれ,ナポリで美術学校にはいる。写実主義の傾向に深い関心を寄せ,〈レジナResina派〉と呼ばれるグループに参加して,戸外で光の研究を行う。ナポリにやって来たマッキア派の理論家チェチオーニと知りあって1866年にフィレンツェに赴き,このグループと交流を深めるが,さらに飛躍を求めて翌年パリに出る。この地でマネや印象派と交わり,その近代生活の主題に深い影響を受け,第1回の印象派展(1874)に出品するが,サロン(官展)に対する執着もあってその後は参加していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・ニッティスの関連キーワード印象主義

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android