コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ニッティス Giuseppe de Nittis

1件 の用語解説(デ・ニッティスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ニッティス【Giuseppe de Nittis】

1846‐84
フランスで活躍したイタリア人画家。南イタリアアドリア海岸の町バルレッタBarlettaに生まれ,ナポリ美術学校にはいる。写実主義の傾向に深い関心を寄せ,〈レジナResina派〉と呼ばれるグループに参加して,戸外で光の研究を行う。ナポリにやって来たマッキア派の理論家チェチオーニと知りあって1866年にフィレンツェに赴き,このグループと交流を深めるが,さらに飛躍を求めて翌年パリに出る。この地でマネや印象派と交わり,その近代生活の主題に深い影響を受け,第1回の印象派展(1874)に出品するが,サロン(官展)に対する執着もあってその後は参加していない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デ・ニッティスの関連キーワードプーサンフランス語マッツィーニイタリアンジロデイタリアフランスデモプレイヤードフランス・デパート殺人事件プレイエルミラノ風

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone