飛躍(読み)ひやく

精選版 日本国語大辞典「飛躍」の解説

ひ‐やく【飛躍】

〘名〙
① 飛びあがること。おどりあがること。跳躍
※気海観瀾(1827)「近之於卓上爛紙花則自飛躍」 〔李羣玉‐贈方処士詩〕
② 勢いよく動くこと。活躍すること。
※一高寮歌・都の空に東風吹きて(1904)〈穂積重遠〉「東亜の天地三千里、健児飛躍の舞台ぞや」
③ 急速に進むこと。勢いよく発展すること。地位・身分などがにわかに進むこと。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の家「その技に於て未だ嘗てない一大飛躍をした」
④ 正常な順序・段階などをふまないで、とびこして進むこと。
帰郷(1948)〈大仏次郎〉霧夜「書くものでは、いつもやる観念の飛

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「飛躍」の解説

ひ‐やく【飛躍】

[名](スル)
飛び上がること。跳躍。「ジャンプ台からあざやかに飛躍する」
大きく発展して活躍すること。また、急速に進歩・向上すること。「飛躍を遂げる」「ピアニストとして世界に飛躍する」
順序や段階をふまずに、急にとびはなれたところに移ること。「ストーリーが飛躍する」「論理が飛躍する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android