コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マッキア派 マッキアはMacchiaioli

世界大百科事典 第2版の解説

マッキアは【マッキア派 Macchiaioli】

19世紀イタリアの画家グループ。彼らが用いた粗い絵具のタッチを意味する〈マッキアmacchia(色斑)〉という用語からこの名が生まれた。グループの誕生は,1855年のパリ万国博覧会を見たデ・ティボリSerafino de Tivoli(1826‐92)がフィレンツェに戻って,以前から反アカデミズムを唱えていた〈カフェ・ミケランジェロ〉に集う仲間たちに旅の成果を伝えたことに始まる。彼はパリ万博会場でバルビゾン派の絵画を見,その力強い自然主義に,彼らの今後進むべき道を見いだしたのであった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マッキア派の関連キーワードジョヴァンニ ファットーリデ・ニッティスファットーリトスカナ派

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android