コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ペリエ Bonaventure Des Périers

1件 の用語解説(デ・ペリエの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ペリエ【Bonaventure Des Périers】

1510?‐44?
フランスの作家。1536年マルグリット・ド・ナバールの秘書に採用された人文主義者であるが,44年頃自殺したとされている。彼が匿名で出版し,刊行と同時にパリ大学神学部から禁書に処せられた謎めいた世相風刺の対話《キュンバルム・ムンディ(世の鐘)》(1538)には,キリスト教の教義に対する大胆な批判がこめられていると一般には考えられてきた。しかし近年,逆にこれを福音主義的なキリスト教信仰を説く書であるとみなす解釈も出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デ・ペリエの関連キーワードダビフランスフランス組曲モランガリマールフランスソワールマンデスフランスエディ・フランクスの選択シランクスフランス白粉の秘密

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone