コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ペリエ Bonaventure Des Périers

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ペリエ【Bonaventure Des Périers】

1510?‐44?
フランスの作家。1536年マルグリット・ド・ナバールの秘書に採用された人文主義者であるが,44年頃自殺したとされている。彼が匿名で出版し,刊行と同時にパリ大学神学部から禁書に処せられた謎めいた世相風刺の対話《キュンバルム・ムンディ(世の鐘)》(1538)には,キリスト教教義に対する大胆な批判がこめられていると一般には考えられてきた。しかし近年,逆にこれを福音主義的なキリスト教信仰を説く書であるとみなす解釈も出されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デ・ペリエの関連キーワードスペイン音楽劉瑾アルブレヒト[プロシア公]兼載コルナロ劉瑾三浦の乱潟湖レクサス原子力への国家支援

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android