コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デ・ペリエ Bonaventure Des Périers

世界大百科事典 第2版の解説

デ・ペリエ【Bonaventure Des Périers】

1510?‐44?
フランスの作家。1536年マルグリット・ド・ナバールの秘書に採用された人文主義者であるが,44年頃自殺したとされている。彼が匿名で出版し,刊行と同時にパリ大学神学部から禁書に処せられた謎めいた世相風刺の対話《キュンバルム・ムンディ(世の鐘)》(1538)には,キリスト教教義に対する大胆な批判がこめられていると一般には考えられてきた。しかし近年,逆にこれを福音主義的なキリスト教信仰を説く書であるとみなす解釈も出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デ・ペリエの関連キーワードスペイン音楽劉瑾アルブレヒト[プロシア公]兼載コルナロ劉瑾三浦の乱潟湖レクサス原子力への国家支援

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android