コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トアラ族 トアラぞくToala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トアラ族
トアラぞく
Toala

インドネシアのスラウェシ島南西部に居住する一民族。形質的にはベッダ系の特徴をもち,スラウェシ島東部のロイニナン族,ラキ族,ムナ族の諸民族と関連し,同島の先住民と推測されている。1902年に初めて研究されたが,もとは穴居生活を営んでいた。島全体に居住し,100人ほどで一つの村を構成している。狩猟採集民であったが,ブギス族からコメ,トウモロコシ,野菜の栽培を取り入れた。またブギス族の影響で一部はイスラム教徒となったが,大部分は固有の宗教を信じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android