コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トアラ族 トアラぞくToala

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トアラ族
トアラぞく
Toala

インドネシアのスラウェシ島南西部に居住する一民族。形質的にはベッダ系の特徴をもち,スラウェシ島東部のロイニナン族,ラキ族,ムナ族の諸民族と関連し,同島の先住民と推測されている。1902年に初めて研究されたが,もとは穴居生活を営んでいた。島全体に居住し,100人ほどで一つの村を構成している。狩猟採集民であったが,ブギス族からコメ,トウモロコシ,野菜の栽培を取り入れた。またブギス族の影響で一部はイスラム教徒となったが,大部分は固有の宗教を信じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トアラ族の関連キーワードインドネシア

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android