穴居(読み)けっきょ(英語表記)cave-dwelling; pit-dwelling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「穴居」の解説

穴居
けっきょ
cave-dwelling; pit-dwelling

洞窟や横穴などを住居とする居住様式。中国北部の黄土地帯では黄土によって構成された台地丘陵斜面などに横をうがって住居とすることが古くから行われ,現在でもこのような住居をもつところが多い。アメリカインディアンのなかにはアリゾナ砂漠の周辺で懸崖に横穴をうがって穴居生活を営んでいる民族がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「穴居」の解説

けっ‐きょ【穴居】

〘名〙 自然または人造の洞穴に住むこと。また、その住居。旧石器時代以来の原始的な居住形式。あなずまい。洞窟住居。
※中華若木詩抄(1520頃)中「は穴居也。又は窟也。小庵岩窟のやうなる中にかまへられたる乎」 〔易経‐繋辞下〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「穴居」の解説

けっ‐きょ【穴居】

[名](スル)ほらあなに住むこと。また、その住居。旧石器時代以来の原始的な居住形式。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の穴居の言及

【住居】より

…より古い時期の住居については,考古学的発掘調査の資料や文献,画像によって大要をうかがうにすぎないが,これらの住いの構造の特色がきわめて早い時期から芽生えた伝統に根ざしていることが知られる。 先史時代の住居には,大きく分けて穴居と干闌(かんらん)の2種の形式があったことが発掘資料により知られる。穴居は新石器時代の普遍的な住居形式として黄河流域を中心に分布し,袋穴,竪穴,半穴居の各類型がある。…

※「穴居」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android