トゥラン主義(読み)トゥランしゅぎ(英語表記)Turancılık

世界大百科事典 第2版の解説

トゥランしゅぎ【トゥラン主義 Turancılık】

トルコ・ナショナリズムの一潮流。トゥランとは,ユーラシア大陸に広がるトルコ系諸民族の総称であり,トゥラン主義は,それら諸民族の一体性を追求しようとする立場である。そこでは,一体たるべきものの中に,マジャールフィンモンゴル,ツングース等,広義のウラル・アルタイ系諸言語を話す人々をも含めようとする場合もあり,トゥラン概念は大きな振幅をもっている。ツァーリズム支配を脱する目的で,19世紀後半,ロシア治下のトルコ系住民の間に生まれたトゥラン主義は,〈青年トルコ〉革命後,オスマン帝国内にもちこまれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android