トウキョウサンショウウオ(読み)とうきょうさんしょううお

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トウキョウサンショウウオ
とうきょうさんしょううお / 東京山椒魚
[学] Hynobius nebulosus tokyoensis

両生綱有尾目サンショウウオ科の動物。カスミサンショウウオ亜種。基亜種が西日本に分布するのに対し、本亜種は愛知県から福島県に至る太平洋岸に分布する。全長7~10センチメートル。基亜種に比べて尾の上下縁の黄条が不明瞭(ふめいりょう)で、肋(ろく)条数が少ない。1~3月に水田の溝や池などに産卵する。卵嚢(らんのう)は緩いコイル状かバナナ状で、基亜種の卵嚢より巻き数が少ない。

倉本 満]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android