コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウテイラン(洞庭藍) トウテイランVeronica ornata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウテイラン(洞庭藍)
トウテイラン
Veronica ornata

ゴマノハグサ科の多年草近畿地方の日本海沿岸に特産し,海岸の松林に生える。江戸時代には園芸植物として栽培されたが,現在はあまりみられない。葉裏および花序に密に白い綿毛をもつ。茎は円柱形で高さ 50cm前後となり,披針形の葉を対生する。晩夏から秋にかけて,茎の先に1個の総状花序をつけ,明るい青紫色の小花を下部から順々に開く。和名花色の美しさを,中国の洞庭湖の水の色にたとえたものという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トウテイラン(洞庭藍)の関連キーワード山陰海岸国立公園ゴマノハグサ科

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android