コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晩夏(読み)ばんか(英語表記)Der Nachsommer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晩夏
ばんか
Der Nachsommer

オーストリアの作家 A.シュティフターの小説。3巻。 1857年刊。教養を重んじる家庭に育ったハインリヒは,アルプスの高原で知合った男爵によって自然の観察を教えられ,文学や美術に目を開かれて,次第に人間として成熟し,美しいナターリエと結婚する。いわゆる教養小説の代表的な作品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんか【晩夏】

夏の終わりごろ。 [季] 夏。 《 赤き月草は-の香を放つ /阿部筲人 》
陰暦六月の異名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

晩夏
ばんか
Der Nachsommer

オーストリアの作家シュティフターの長編小説。1857年刊。ヘッベルによって、読み終えた者には「ポーランドの王冠を与える」と酷評され、ニーチェには、繰り返し読むに値する「ドイツ散文の宝」と賞賛されたこの作品は、広義の教養小説の系譜を引いて、人間の魂の発展を描いた。青年ハインリヒが学問・芸術・愛へと開眼してゆく過程と、導き手の男爵リーザハとマティルデの過去の恋の物語とが、バラの館(やかた)を舞台に互いに織り合わされながら、冬と死を控えた晩秋に訪れる、夏の日々にも比せられる晩夏の「精神的」風土のうちに語られる。それは過ぎ去った夏と青春を惜しむ老年の挽歌(ばんか)であり、その挽歌にはぐくまれた青春の賛歌でもある。[谷口 泰]
『宇田五郎訳『晩夏』全二巻(1949、50・桜井書店) ▽藤村宏訳『世界文学全集31 晩夏』(1979・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の晩夏の言及

【ナツミカン(夏蜜柑)】より

…ニューセブン,立花オレンジ,甘夏つるみともいう),果面の橙色が濃いもの(紅甘夏),果皮色素がいっそう紅色に変異したもの(サマーレッドなど)がある。(2)晩夏(おそなつ) 夏までに果実に緑色が残り,す上がりしにくい系統(田島晩夏)。(3)無核夏 種子がないもの(土屋系,山路系)。…

※「晩夏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晩夏の関連情報