コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トウヤクリンドウ(当薬竜胆) トウヤクリンドウGentiana algida; gentian

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トウヤクリンドウ(当薬竜胆)
トウヤクリンドウ
Gentiana algida; gentian

リンドウ科の多年草。クモイリンドウともいう。北半球の寒帯に広く分布し,日本では中部地方以北の高山に生える。倒披針形の長い根出葉を叢生し,花をつける茎は直立して,高さ 20cmほどになる。茎につく葉は披針形で対生し,ほとんど柄がない。夏に,茎の頂部に淡黄色で青緑色の斑点をもつ鐘状花を2~3個つける。トウヤク (当薬) はセンブリ (千振) の別名であるが,本種も乾燥してセンブリ同様に生薬として用いるためこの和名がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トウヤクリンドウ(当薬竜胆)の関連キーワードリンドウ科

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android