コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センブリ Sialidae; alderfly

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センブリ
Sialidae; alderfly

ヘビトンボ目センブリ科に属する昆虫の総称。小型で翅の開張は 20~40mm。体は暗褐色のものが多い。触角は長く,細い糸状。単眼を欠き,翅はかなり幅広い。肢の 跗節の第4節は2葉状になっている。幼虫の腹部には7対の気管鰓と1本の尾糸がある。成虫は春に出現し,水辺の草むらなどにみられる。世界に数十種,日本に9種が知られる。 (→ヘビトンボ類 )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

センブリ

リンドウ科の一〜二年草。北海道南西部〜九州,東アジアの日当りのよい山野にはえる。高さ10〜20cm,葉は線形で対生し,10〜11月,白色の花を開く。花冠は5深裂し,径2cm内外,裂片は披針形で基部には2個の腺がある。
→関連項目胃腸薬健胃薬民間薬

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

センブリ

リンドウ科センブリ属の二年草。葉は健胃作用があり生薬として使用される。「トウヤク(当薬)」ともいう。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

センブリの関連キーワードトウヤクリンドウ(当薬竜胆)センブリ(千振∥泥蜻蛉)センブリ(リンドウ科)センブリ(昆虫)ムラサキセンブリアッセンブリーアセンブリー語イヌセンブリシマセンブリヒメセンブリ苦味チンキリンドウ科ゲンチアナ陀羅尼助宝達丘陵当薬竜胆薬用植物医者倒しチンキ剤大和千振

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

センブリの関連情報