コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

センブリ(千振) センブリSwertia japonica; swertia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

センブリ(千振)
センブリ
Swertia japonica; swertia

リンドウ科の二年草。日本,朝鮮半島,中国北部に分布する。日当りのよい山野に多い。は高さ 10~30cmでよく分枝し,稜があって角張り,紫色を帯びる特徴がある。葉は長さ2~3cmの線形で,柄はなく対生する。秋に,茎の頂部に白色で紫の筋のある星形の5弁花を多数つける。全草に苦みがあり,開花期に全草を陰干しにしたものが生薬当薬 (とうやく) で,粉末または煎じた汁を健胃剤として用いる。和名は煎じて千回振出してもなお苦いということに由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

センブリ【センブリ(千振) Ophelia japonica (Schult.) Griseb.】

日当りのよい草地に生育するリンドウ科の一・二年草で,有名な薬用植物(イラスト)。高さ5~40cm,茎はしばしば分枝する。茎葉は対生で,線形から倒披針形,長さ1~4cm,1脈で無柄。8~11月に,茎および枝に頂生または腋生(えきせい)して,短花柄のある5数性の花をつける。萼は5深裂,花冠は白色か淡黄色で5深裂,裂片は広披針形で紫色の脈があり,基部に,2~3mmの毛状付属物のある2個の蜜(みつ)腺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のセンブリ(千振)の言及

【民間薬】より

…民間薬と漢方薬はこのように互いに交流があり,区別の判然としないものも多い。比較的区別の明確な薬物を強いてあげれば,ドクダミ,ゲンノショウコ,センブリなどで,これらは民間薬として広く用いられているが,漢方薬としてはあまり用いられない。一方,柴胡(さいこ),黄芩(おうごん),麻黄などは漢方薬として使用頻度が高いが,民間薬として用いることは少ない。…

※「センブリ(千振)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

センブリ(千振)の関連キーワードトウヤクリンドウ(当薬竜胆)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android