トウ・しばる・なわ・ひも・ふくろ(漢字)

普及版 字通の解説


16画

[字音] トウ
[字訓] しばる・なわ・ひも・ふくろ

[説文解字]
[金文]

[字形] 形声
声符は(よう)。(騰)(とう)の声がある。〔説文〕十三上に「緘(と)づるなり」とあり、ぐるぐると巻きめぐらすことをいう。〔書、金〕の金は金櫃(かなびつ)の類。つづらに鍵を施しうるもの。文中に「籥(やく)(鍵)を(ひら)きて書を見る」とあって、重要な文書は金の中に収めた。

[訓義]
1. しばる、とじる、まきつける。
2. なわ、ひも、おび、へり。
3. ふくろ。字はまたに作る。
4. むかばき、きゃはん。

[古辞書の訓]
〔新字鏡〕 牟加波(むかばき) 〔名義抄〕 ウハツツミ・カラグ・ツツム/行 ムカバキ〔字鏡集〕 ツツム・カラグ・ウハツツミ

[語系]
(藤)dngは同声。めぐりながら上がる姿勢をもつものをいう。は沸(とう)は蛇、は騰躍、の類。はぐるぐる巻きすることをいう。登tng、陟tikも盤旋して登ることをいう。

[熟語]

[下接語]
・緘・綺・金・行・披

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる