トキシラズ(読み)ときしらず

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トキシラズ
ときしらず / 時不知

硬骨魚綱サケ科魚類の特定のものの呼び名。5、6月ごろ、三陸沖から北海道の太平洋岸沿いに千島列島の南方を通って、樺太(からふと)(サハリン)の河川、アムール川などに夏季遡上(そじょう)するナツザケ系をいう。脂肪分に富み美味である。[石田昭夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のトキシラズの言及

【サケ(鮭)】より

…サケを指すのがふつうだが,他のサケ類(ベニザケ,ギンザケほか)を総称して使うこともある。 サケは各地でシャケ,シロザケ,東北・北海道でアキザケ,アキアジ(秋味)といわれ,また秋にさきがけて夏に岩手,北海道東岸に現れるサケをナツザケ,トキシラズと呼んでいる。体は小さなうろこで覆われ,側線が顕著である。…

※「トキシラズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トキシラズの関連情報