コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トクソドン Toxodon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トクソドン
Toxodon

哺乳類の絶滅した南蹄目トクソドン科の代表属。南アメリカの第四紀更新世に最も普通な巨獣の一つ。南蹄目というのは南アメリカ有蹄類の大群で,旧北区で絶滅した古第三紀の有蹄類が,南アメリカに移動したのち,北アメリカとの連絡がなくなり,外敵から隔絶されたものらしく,この地でいろいろの生活形態をもつまでに発展したもの。そのなかの重厚類が弓歯亜目である。トクソドンはブタのような形態をしたサイほどの大きさのもので,四肢が短く,3指に蹄があり,鎖骨を欠く。門歯後位に歯隙がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のトクソドンの言及

【南蹄類】より

…滑距(かつきよ)類,雷獣類,火獣類,異蹄類とともに特異な南アメリカの有蹄類群をつくっているが,鮮新世に南北アメリカ両大陸がパナマ地峡の陸化によって接続し,旧大陸の進化した有蹄類が南アメリカ大陸に住みつくとともに更新世になって絶滅した。C.ダーウィンがビーグル号航海のときにパタゴニアで発見した大きな化石骨は更新世のトクソドンToxodonであり,巨大なサイのような南蹄類の動物であった。【亀井 節夫】。…

※「トクソドン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android