トスカノ諸島(読み)とすかのしょとう(英語表記)Arcipelago Toscano

日本大百科全書(ニッポニカ)「トスカノ諸島」の解説

トスカノ諸島
とすかのしょとう
Arcipelago Toscano

イタリア中部、ティレニア海北部の群島トスカナ州西岸とコルシカ島との間に挟まれる。総面積約300平方キロメートル、人口2万9838(1981)。ナポレオンの流刑地として知られる主島のエルバ島をはじめ、カプライア、ゴルゴーナ、ジャンヌトリ、ジリオ、ピアノーザ、そしてデュマの小説『モンテ・クリスト伯』の舞台となったモンテクリストなどの島々がある。観光、ぶどう酒製造、漁業などが主産業。エルバ島で鉄鉱石を産する。

[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android