コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トバイアス Tobias, Phillip Vallentine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トバイアス
Tobias, Phillip Vallentine

[生]1925.10.14. 南アフリカ連邦,ダーバン
[没]2012.6.7. 南アフリカ共和国,ヨハネスブルク
南アフリカ共和国の自然人類学者。アウストラロピテクスを最初に発見したレイモンド・A.ダートの後継者で,ルイス・S.B.リーキーと協力してオルドバイ峡谷出土の猿人化石を研究したほか,カラハリ砂漠のコイ族サン族の研究でも知られている。主著に『アウストラロピテクスジンジャントロプスボイセイ』Australopithecus (Zinjanthropus)Boisei(1967),『人類進化における脳』The Brain in Hominid Evolution(1967)がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トバイアスの関連キーワードディプレッション型MOSトランジスタエンハンスメント型MOSトランジスタユニバーサル・バレエ自動車タイヤ3月19日

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android