トマト祭り(読み)トマトまつり

世界の祭り・イベントガイドの解説

トマトまつり【トマト祭り】

スペインバレンシアの西にある小さな町ブニョール(Bunol)で開催される、トマトを投げ合う祭り。11時頃に花火が打ち上げられるとトマトの投げ合いが始まり、観光客も含め、町中が真っ赤にそまる。1時間後に花火が鳴ると、投げ合いが終了する。トマトを用意するのは主催者のブニョ-ル市役所で、百数十トンをトラックで運び込む。トマトは投げる前に適度につぶす、他人(特に女性)の服を破らない、終わりの合図を厳守するなど、いくつかのルールが決まっている。会場はプエブロ広場が中心。開催時期は8月下旬。祭りが始まったのは1945年頃との説が有力である。若者が喧嘩でトマトを投げ合ったことが起源とされ、次の年にも同じメンバーがトマトを投げ合い、毎年行われるようになったという。途中で何回か禁止されたが、市民の要望が強く、1959年に市役所が定めたルールを守る前提で祭りが解禁された。スペイン国内のみならず世界中から観光客が集まる大きなイベントである。

出典 講談社世界の祭り・イベントガイドについて 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android