コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トムソンの原子モデル Thomson atom model

1件 の用語解説(トムソンの原子モデルの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

トムソンの原子モデル【Thomson atom model】

よく「プラムプディングのモデル」などといわれるが,陽電荷を帯びた球状の雲(陽球)の中に,電子がこの球と同じ中心をもつ軌道にいくつかごとに組になって配列しているというもの.電子を最初に発見したトムソン(J. J. Thomson)の考案になる.後の「ボーアの原子モデル」などに多大の影響を与えたが,「長岡‐ラザフォードの原子モデル」の登場によって過去のものとなった.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トムソンの原子モデルの関連キーワードコ・ブランディンググローバル・プラニング・モデルプディングカスタードプディングプラムプディングクリスマスプディングプディング・ボールプディング花崗岩タピオカプディングライスプディング

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone