コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トライローカナート Trailokanat

世界大百科事典 第2版の解説

トライローカナート【Trailokanat】

?‐1488
タイ,アユタヤ朝のスワンナプーム王家第6代の王(在位1448‐88)。東方のアンコール帝国を攻略し,北方のスコータイを併合した父王の後を受けてアユタヤ王となり,法律を整備して中央集権的統治体制の基礎を築いた。サクディナー制は王の治下に高度に発展し,すべての官吏は民部と兵部とに分属され,サクディナー,位階,欽賜名,職名によってその身分を規定された。その内容は《三印法典》所収の〈位階田法〉に詳しい。また〈王室典範〉の制定も王の治績に数えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のトライローカナートの言及

【アユタヤ朝】より

…同王のとき北方の王国スコータイ朝はアユタヤ王国に併合された(1438)。総督としてピッサヌロークを治めた王子は父王の死後王位につき,トライローカナートを号した(1448‐88)。同王は王国支配の中央集権化のため,中央官制,地方統治組織,サクディナー制などの諸制度を始めた王として知られている。…

※「トライローカナート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トライローカナートの関連キーワードラーマティボディ[2世]ワットプラシーサンペット

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android