コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラフナマコ トラフナマコ Holothuria pervicax

2件 の用語解説(トラフナマコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トラフナマコ
トラフナマコ
Holothuria pervicax

棘皮動物門ナマコ綱楯手目クロナマコ科。体長約 25cm。体は軟らかく,普通淡褐色地に暗褐色の斑紋が不規則に散在し,多くは幅の広い数列の帯状紋をつくる。疣足 (いぼあし) は頂端が丸く,濃褐色で,基部は白色の輪状模様で取囲まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トラフナマコ
とらふなまこ / 虎斑海鼠
[学]Holothuria (Mertensiothuria) pervicax

棘皮(きょくひ)動物門ナマコ綱クロナマコ科に属する海産動物。薄茶色で白っぽい地色に焦げ茶色の雲紋がついたナマコ。浅海の石の下やサンゴ礁に産する。体長25センチメートルぐらい。体は筒形で柔らかく、腹面に管足の列、背面には小さないぼが多数ある。いぼは濃褐色で、基部が白い輪で囲まれている。手で触れると、肛門(こうもん)からねばねばした白い紐(ひも)のようなキュビエ器官を吐き出す。食用にはしない。相模(さがみ)湾以南、インド洋、西太平洋海域に広く分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラフナマコの関連キーワード棘皮動物クロナマコ海鼠白海鼠海鼠餅藤海鼠シロナマコ(白海鼠)ナマコ(海鼠)マナマコ(真海鼠)ユメナマコ(夢海鼠)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone