コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスポート層 とらんすぽーとそう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トランスポート層

OSI参照モデルにおいて、プログラム同士がエンドツーエンド(end-to-end)で通信するための機能を提供する層。ここでいう「エンド」とは、ホスト上で動作している個々のアプリケーションを指す。なお、トランスポート層はOSI参照モデルでは4層目に位置するが、TCP/IPの4階層モデルでは3層目となる。名称や役割は変わらない。通常、1台のホストには複数のアプリケーションが動作しているが、もしホストツーホストの通信にしか対応していなかったら、ホストの中で一度に通信できるアプリケーションは1つだけに制限されてしまう。そのため、そのホストの「どの」アプリケーションと通信をするかを区別し、複数のアプリケーションが別々に通信できるようにする仕組みを提供するのがトランスポート層の基本的な役割である。「通信するのはどのアプリケーションか」を識別するための仕組みを、トランスポート層が提供する。トランスポート層の代表的なプロトコルはTCPとUDPで、アプリケーションを識別するために「ポート番号」を利用する。このほか、トランスポート層では信頼性の確保やフロー制御といった仕組みも提供される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

トランスポート層の関連キーワードサーキットレベルゲートウェイインターネット用語OSI階層モデルIPX/SPXSOCKSTFTPATPNBFNBPIP

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android