コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開放型システム間相互接続 カイホウガタシステムカンソウゴセツゾク

デジタル大辞泉の解説

かいほうがた‐システムかんそうごせつぞく〔カイハウがた‐カンサウゴセツゾク〕【開放型システム間相互接続】

オー‐エス‐アイ(OSI)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

開放型システム間相互接続
かいほうがたシステムかんそうごせつぞく
Open Systems Interconnection; OSI

異機種のコンピュータの間を接続して相互の通信を実現するために,国際的に標準化されたネットワークアーキテクチャ。略称 OSI。単にコンピュータに限定したものではなく通信網全体を相互に接続するための体系を定めたネットワークアーキテクチャとして考えられており,汎用コンピュータ,通信制御装置,通信処理装置,交換機,端末などを接続した,あらゆる通信の通信規約(プロトコル)を定めている。システムや装置の個々の事情とは別に,仮想的な 7階層のモデルを設定し,各層ごとに体系的にプロトコルを定めた OSI参照モデルが制定されている。この参照モデルはあくまで通信の観点からモデル化されたものであり,それぞれのシステムや装置がこの参照モデルにそった通信機能の構成,プロトコルを実装することにより,ほかのあらゆるシステムや装置と通信できるようになる。国際電気通信連合 ITUや国際標準化機構 ISOの国際標準化機関で,この OSIモデルに基づき,各種システムの基本標準の標準化が進められている。さらに異機種装置間の相互接続性を高めるために,基本標準の組み合わせ方や,基本標準の使い方(オプション選択,パラメータ値)を統一するための機能標準の開発にも力が入れられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

開放型システム間相互接続の関連キーワードゲートウェー

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android