コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラヴァーチン travertine

翻訳|travertine

1件 の用語解説(トラヴァーチンの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

トラヴァーチン

石灰華(tufa)の一種で,一般に明るい色で密度があり,緻密または多孔質.しばしば不規則な層で空洞を通じて網目状に分かれ,生物による生化学的な部分もある.石灰を含んだ水が,温泉の周囲や断層に沿って,流れの底に沿って撹拌されて形成されたものである.トラヴァーチン堆積物は,かつての湖底を広く覆っていたと考えられ,普通は装飾用石材または塊であれば建築石材として高価である[Vitruvius : 10 B.C., Pettijohn : 1949].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

トラヴァーチンの関連キーワード海綿構造オステオコラ温泉沈澱物玄能石状温泉華樹枝状華石質華温泉沈澱物テュファス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone