コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トラヴァーチン travertine

翻訳|travertine

1件 の用語解説(トラヴァーチンの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

トラヴァーチン

石灰華(tufa)の一種で,一般に明るい色で密度があり,緻密または多孔質.しばしば不規則な層で空洞を通じて網目状に分かれ,生物による生化学的な部分もある.石灰を含んだ水が,温泉の周囲や断層に沿って,流れの底に沿って撹拌されて形成されたものである.トラヴァーチン堆積物は,かつての湖底を広く覆っていたと考えられ,普通は装飾用石材または塊であれば建築石材として高価である[Vitruvius : 10 B.C., Pettijohn : 1949].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トラヴァーチンの関連キーワード石灰華明るみ薄明るい微明仄明るい腎石灰症クラプロサイト樹枝状華インダシアル石灰岩岩滓質

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone