コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリウム炉 トリウムろthorium reactor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリウム炉
トリウムろ
thorium reactor

トリウムを核燃料親物質に使う原子炉。天然に存在するトリウム 232はそのままでは核燃料にならないので,原子炉を利用して中性子を吸収させてやり,ウラン 233に転換して初めて核燃料となる。このようにして使われるトリウム燃料では,熱中性子炉でも燃料の増殖割合を1より大きくできる可能性があり,各国で研究が進められてきたが,ウラン 233の核分裂生成物の処理のしにくさなどのため,インドなど一部での研究にとどまり,実用化にはいたっていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android