コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリノの聖骸布 とりののせいがいふ Shroud of Turin

1件 の用語解説(トリノの聖骸布の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

トリノの聖骸布

磔刑によって死亡したイエス・キリストの遺体を包んだと伝えられている布。縦4.36メートル、横1.1メートルの杉綾織の亜麻布で、表面にキリストとされる男性の全身像が浮かび上がり、血痕のような染みが残されている。1353年にフランスで発見され、1578年よりイタリアトリノ聖ヨハネ大聖堂で保管されている。この布の真偽を巡っては長く論争が続いており、幾度も研究者による科学的な調査が行われてきたが、2013年現在も結論には至っていない。布は25年に1回のペースで一般公開されてきたが、00年の公開後、02年に修復作業が施され、10年に再び公開された。13年には、トリノ大司教が15年の春から夏にかけての公開を発表している。

(2013-12-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トリノの聖骸布の関連キーワードキリストキリストの復活仲介者イエス・キリスト受難聖骸布末日聖徒イエスキリスト教会死せるキリストイエス・キリスト《イエス・キリストの受難》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone