コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルトリエ Paul Tortelier

世界大百科事典 第2版の解説

トルトリエ【Paul Tortelier】

1914‐90
フランスのチェロ奏者。パリ音楽院に学ぶ。その後カザルスに師事。1935年からモンテ・カルロ歌劇場管弦楽団,ボストン交響楽団,パリ音楽院管弦楽団のチェロ奏者を務めたのち,47年からソリストとして活動。57年パリ音楽院教授。力強く華麗な演奏に特色がある。彼は作曲も手がけ,《イスラエル交響曲》(1956)などの作品がある。【西原 稔】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トルトリエ
とるとりえ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トルトリエの関連キーワード3月21日デュ・プレ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android