コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トレチヤコフ国立美術館 トレチヤコフこくりつびじゅつかんGosudarstvennaya Tret'yakovskaya Galereya, Moskva

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トレチヤコフ国立美術館
トレチヤコフこくりつびじゅつかん
Gosudarstvennaya Tret'yakovskaya Galereya, Moskva

ロシア,モスクワにある美術館。パーベル・トレチヤコフの収集品を基礎とする。その収集は 1856年に始まり,公開されたのは 1874年以降。1892年モスクワに寄贈された。ロシア革命後,ロシア美術を系統的に収集する美術館となった。西欧美術中心のプーシキン国立美術館好対照をなし,ワシーリー・G.ペローフの『検察官の到着』(1857),イリヤ・E.レーピンの『1581年11月16日のイワン雷帝とその息子イワン』(1885)など 19世紀の写実派の作品のコレクションで知られる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トレチヤコフ国立美術館の関連キーワードペトロフ=ボトキンコンチャロフスキーアイバゾフスキーキプレンスキーヤロシェンコフェドートフトロピーニンクラムスコイアルヒーポフイワーノフルブリョフボロビヨフシーシキンセローフスリコフ聖母子像レビタンサリヤンユオンゲー

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android