コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トロギール Trogir

デジタル大辞泉の解説

トロギール(Trogir)

クロアチアのアドリア海に面する港町。スプリトから西へ20キロメートル。紀元前385年頃に造られたギリシャ植民都市を起源として、中世には城壁を巡らした要塞都市となった。11世紀の聖バルバラ聖堂、13世紀に着工された聖ロブロ大聖堂、15世紀の回廊や市庁舎など、旧市街には中世の歴史的建造物が建ち並んでいる。1997年に「古都トロギール」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

トロギールの関連キーワードカメルレンゴの砦クロアチアダルマチア

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android